宮城県産業デザイン交流協議会

宮城県産業デザイン交流協議会

MIDECデザインセミナー「食文化を通して地域をデザイン」

What' s 「アル・ケッチァーノ」?
イタリア語風(?)庄内弁。「あ〜、そういえばこんな美味しい食べ物あ〜るけっちゃの〜」から付けられたとか・・。ご存知の方も多いかと思いますが、TV番組「情熱大陸」で紹介されてからより一層予約の取りにくいレストラン「アル・ケッチァーノ」オーナーシェフ・奥田政行氏をお招きいたします。食の安心・安全、また地域や企業ブランドの信頼が問われている昨今ですが、日本国内はもとより世界に向けて発信し続けているシェフに地域の食材や風土、食文化についてお話いただきます。山形県庄内地方の『食の親善大使』としてご活躍の奥田氏に会いにいらっしゃいませんか。お待ちしております。(参加費無料)

●日時 2008年1月21日[月]16:00〜18:00(受付 15:40より)

●場所 エル・ソーラ仙台 大研修室
仙台市青葉区中央一丁目3-1 TEL 022(268)8041 FAX 022(268)8045
定員/50名

●参加お申し込み/2008年1月17日(木)までお申し込みください。
宮城県産業デザイン交流協議会(MIDEC)
仙台市青葉区一番町1-12-8 Sビル5F TEL/FAX 022-215-4288
E-mail midec@midec.jp

●終了後に講師との懇親会を予定しています。定員30名(先着順とさせていただきます)参加費/5000円(当日、会場にて承ります)懇親会(新年会)
会場/レストラン「カノウ」 仙台市青葉区中央2-6-6多楽茶屋ビル B1 TEL022(265)6468 http://www.restaurant-kanou.com

●主催/宮城県産業デザイン交流協議会(MIDEC)



アル・ケッチァーノ オーナーシェフ
奥田 政行 氏 プロフィール

1969年山形県鶴岡市生まれ。新潟県との県境で育ち、鶴岡東高校卒業後、東京でイタリア料理、フランス料理、洋菓子、イタリアンジェラートを修行。帰郷後庄内の2店舗で料理長を務める。2000年櫛引町にイタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」を開店。庄内の豊かな食材を生かした料理を提供し続けるとともに、庄内の農業・畜産・水産業の発展のため「食の都庄内」の親善大使・山形県食育体系検討委員会委員を努める。イタリア・マルケ州のオーガニックフェスタに出店、市から表彰を受ける。また、ハンガリーの四ツ星ホテルにて“アル・ケッチァーノフェア”を行うなど、海外でも精力的に活動し高評を得ている。 現在は、山形県在来作物研究会開発部、山形県庄内支庁『食の都庄内』親善大使、山形県夢みらい山形食育推進本部本部員なども務め、幅広く活動中。雑誌『クロワッサン』(マガジンハウス)に連載中。『奇蹟のテーブル』雨の日にはアル・ケッチァーノへ行こう。
(2007年12月20日掲載)