宮城県産業デザイン交流協議会

宮城県産業デザイン交流協議会

平成19年度通常総会を開催しました

去る6月28日に会員41名(委任状63)の出席のもと開催された当協議会平成19年度通常総会において下記の通り決議されました。



            記

第1号議案「平成18年度事業報告」
第2号議案「平成18年度収支決算報告」承認の件、
本事業報告書及び収支決算書の通り承認議決されました。

第3号議案「平成19年度事業計画」(案)
第4号議案「平成19年度収支計画」(案)
原案の通り承認議決されました。

第5号議案「役員改選について」
役員の皆様には、引き続きお引き受けいただき全ての議題を承認いただきました。

また、総会後は3月にご逝去されました鈴木和郎氏(黄綬褒章受章、株式会社一ノ蔵 最高顧問、株式会社勝来 代表取締役)を「偲ぶ会」を開催いたしました。和郎さんは、宮城県産業デザイン交流協議会(MIDEC)設立以来10数年間、副会長としてご尽力いただきました。地域デザインにも大変ご理解があり、多くのご教示と元気をいただきました。長年、和郎さんと労苦を共にされました浅見紀夫氏(現MIDEC副会長で株式会社一ノ蔵名誉顧問)からは、和郎さんの素顔を物語るエピソードや会員の皆様からは和郎さんのお人柄が偲ばれる思い出をご紹介いただきました。アナウンサーの肥土貴美男氏のコーディネートで在りし日の笑顔の和郎さんを偲びつつ改めてご冥福をお祈りいたしました。「偲ぶ会」は、10数年前のMIDECを振り返る会でもありました。
交流会では、新会員のご紹介や久々にお顔を拝見できた方々と和気藹々と談笑しながら楽しく有意義なひと時を過ごすことができました。
お忙しい中をご出席いただきました皆様、ありがとうございました。
(2007年07月12日掲載)